メッセージ

HOME | メッセージ

Message  

女将:よりこより  

お越し頂いたお客様に「ほっと一息つける幸せな滞在だったなあ〜」と感じて頂けますよう

初めましてyueの代里子です。


Yueは、静かな住宅街の中にある、一組のお客様をゆっくりとお迎えする一棟貸しのゲストハウスです。 昭和の懐かしい雰囲気を残すお部屋と、二間続きの和室から眺める小さな坪庭がお客様をお迎えします。
私はこれまで主人の転勤とともに様々な土地で過ごし、その先々で沢山の方々にお世話になりました。
45才の時、初めての海外、台湾での暮らしを経験しました。語学学校で必死に学んでも覚えられない中国語に落ち込み、べそをかき・・・。そんな私にクラスメイトの留学生や台湾人の友人は、言葉の壁など関係なく、いつも声を掛けて寄り添い励ましてくれました。いつか、お世話になった方々に何らかの形でご恩返しがしたいという気持ちが芽生えました。
帰国も間近に迫り、ニューヨークで大学生活を送る娘に逢いに行くことになりました。ホテルの宿泊費が高いと躊躇している私に、娘から『民泊を利用してみない?』と提案があり、初めてAirbnbという民泊システムを使って10日間滞在しました。

スーパーで買い物をして食事の支度をし娘の帰りを待つ。週末に小さな旅をする。・・・心待ちにしていた娘と過ごせる時間は夢のようでした。そして暮らしの中にある小さな旅― 暮らすように滞在することの楽しさを初めて体験し、ホテルとは違う居心地のよさに心惹かれました。 

この経験から、「言葉の壁はあっても、気持ちを伝えることはできる。日本に来られた旅行者の方に、私ができるおもてなしをしたい」という気持ちが湧きあがりました。空き家になっていた主人の実家の一軒家をゲストハウスにしよう!そんな想いに娘や夫も背中を押してくれました。「どうぞおやりなさい」と、この家を大切にしていた主人の母の声が聞こえたような気がしました。
少しずつ改築を重ね、2014年に一棟貸しのゲストハウスを始めました。“Vacation house月yue”の由来は、娘の名前から一文字をもらい"月”、月は中国語でyueと発音します。私たち家族がお世話になった台湾への感謝を込めて屋号にしました。

お越し頂いたお客様に「ほっと一息つける幸せな滞在だったなあ〜」と感じて頂けますように、心からのおもてなしの支度をして、皆様をお待ちしております。
 
Vacation house月yue
女将 井坂代里子


 


宿泊のご予約は